訪問のマナー・手土産、おもてなしのマナー

MENU

おもてなしがクローズアップ!

訪問やおもてなしのマナーは何となく分かっていても、いざ訪問となった時になんだか細かいことが
妙に気になりませんか?

 

コートはどこで脱いだらよいのか玄関の外?入ってから?靴は玄関で脱ぎますがそこに脱いだままでよいのか?

 

手土産は袋に入ったまま渡してよいのか、夫婦で訪問した時、どちらが手土産を渡したらよいのかなどいろいろと気になりますねそんな訪問やおもてなしに際しての気になることなどを書き綴っています。

取引先の企業を訪問した時

防寒のため、塵よけのためにコートを着ていきますがそのコートは玄関に入る前に脱ぎ、
裏返しに畳み二つ折りにし、腕にかけて受付に伺いましょう。

 

特に花粉が飛んでいる季節は花粉症の方はとてもつらい時期ですので、建物の中に入る前に脱いで
裏返しにして畳んでおくとよいでしょう。

 

レストランや喫茶店で周りの人が食事などをしている時に平気でコートを脱いだり着たりしている人を見かけます。そんな時、ほこりや塵が舞い上がり、落ち着いて食事どころじゃなくなります。お店の入り口近くの所で、脱いだり着たりします。

 

個人のお宅に伺う場合も同じですが玄関の外でマフラーや手袋を取り、コートを脱ぎます。

 

社内で仕事をしている時にワイシャツ姿で仕事をされる方が多いと思います。他者への訪問時、
お客様にお目にかかるときにはワイシャツのままでは失礼となります。

 

上着を着て、ボタンを掛けて、お目にかかりましょう。椅子に腰かける場合はボタンをはずして腰かけます。用が終わり、立ち上がる時にボタンは掛けます。

 

 

スポンサードリンク