訪問のマナー 和室では座礼で挨拶

MENU

和室では座礼で挨拶

和室に通されたら、立っての挨拶は見下ろすことになり大変失礼なことになります。まず、
入り口近くの下座に座りますがさぶとんがあっても畳の上に座ります。

 

相手から座布団をおあてくださいと言われてから座りますがその時に座布団の上に両手をつき、
後ろから両膝をのせ、膝から座布団の中央あたりまでにじり寄っていきます。

 

そして、座布団の中央で座り、正座をします。手土産は近くにおいておきます。

 

訪問先の主人が入ってこられたら、座布団からいったん下座側の畳ににじりおります。

 

座ったまま深くお辞儀をし、正式なごあいさつを致します。
 「お招きありがとうございます」。

 

挨拶が終わったら、手土産を渡します。まず紙袋などから手土産を出し、正面は自分の方に
向けておきます。持ってきた紙袋や風呂敷はたたみ下座側に置きます。

 

品物を右回りに回し、正面に直してから相手に両手で差し出します。
その時に「ほんの気持ですが」というような一言を添えて渡します。

 

挨拶後、「脚をくずして楽にしてください」と言われたら、脚をくずすことは大丈夫です。
言われない時は「くずしてかまいませんか」断ってからくずします。

 

脚をくずす時、下座側にずらしますが、目上の人などと一緒のときは反対側にくずします。