訪問のマナー 訪問している間のマナー

MENU

訪問している間のマナー

「コーヒーとお茶、どちらがよろしいですか?」と聞かれた時、「どちらでもかまいません」というのは相手を困らせることになるのでこういう場合ははっきりと自分の好みを伝えましょう。

 

「コーヒーでいいです」より、「コーヒーをお願いします」と希望をはっきり伝えます。

 

用件があって訪問した場合でもまずはコーヒーやお茶などをいただき、
簡単な会話をしてから切り出します。

 

☆トイレを拝借したい場合
なるべく借りずにすませるのがマナーとなりますがどうしてもトイレに行きたくなりましたら、
相手の許可を得てから使わせてもらうことになります。

 

☆喫煙に関しては
訪問先での喫煙はできるかぎり控えましょう。テーブルに灰皿があったとしても相手から
すすめられない限りは遠慮します。

 

☆携帯電話の場合
マナーモードにするか電源を切っておきましょう。緊急の用事で電話が入りそうなときには
はじめに一言、断っておきます。電話がかかってきた場合には手短にすませましょう。

 

☆電話を拝借したい場合
携帯電話を持っている方が多いのでこのような場合があるか分かりませんが借りることは
できるかぎり避けたいものです。

 

どうしても借りなければならない場合は相手の許可を得てから使用することになります。