訪問のマナー・手土産、おもてなしのマナー

MENU

訪問のマナー記事一覧

 

なんの連絡もなく、いきなり来られるとすごい困りますね。いきなりの訪問はやはりマナー違反になります。訪問する時は1週間くらい前には約束をしておきたいものです。約束の日時を決める時は先方の都合を聞いてから決めるのが訪問のマナーになります。相手がいつでもかまわないと言われた時、迷惑となる時間、早朝や夜半、お昼や夕食時など多忙の時間帯ははずします。訪問の時間帯は平日の午前10時から11時、午後なら2時から...

 
 

だいじな依頼事があるときは電話をする前に先に手紙で連絡しておくと丁寧な印象になります。パソコンで入力した手紙は避けましょう。手書きの手紙にします。手紙には訪問の目的・訪問の希望日時を書き入れますが注意したいのはそのときに「この日時にお伺いします」と一方的ではなく、当方としてはこの日時ですとありがたいのですが・・・・というお伺いする書き方にします。手紙が着いた頃を見計らって、再度電話で連絡し、相手方...

 
 

約束の時間を決めて訪問ということになりますがその時間に大幅に遅れたり、早すぎたりするのは先方に迷惑がかかり、あまり歓迎されなくなります。ビジネスの時はやや早めに到着するのがマナーですが、個人宅の場合はやや遅れ気味にします。一般的な訪問での到着はやや早めにし、定刻より3分〜5分くらい遅れて訪問します。万が一、早く到着した場合は近くを散歩したり、お茶をしたりして時間をつぶします。車を使っての訪問はでき...

 
 

目上の人のお宅に伺う場合やあらたまった用件で伺う時には手土産を持参します。その時に注意した方がよいのは訪問先近くになってから手土産を買うのは間に合わせみたいという印象になってしまいがちなので、先に用意をしておきましょう。高価なもので相手が負担に感ずるようなものは避けて、だいたい2,000円位を目安にします。いただいても食べ方や調理法がよく分からないようなものは控えます。高齢者の人には4とか9とかの...

 
 

玄関先で帽子、マフラーをはずし、コートも脱ぎますが外でついたほこりが家の中でまきちらないように中表にして持ちます。コートを中表にする方法はコートの中の左右の肩に両手を入れ、裏のほうが表になるようにひっくり返しながら肩と肩を合わせます。その時に襟が中に入り込んでいるので、引っ張り出し、形を整えます。髪や服装の乱れ、化粧が崩れていないか、ストッキングは伝線していないかなど頭から足先までチェックをします...

 
 

玄関に入り、ドアを閉める時はドアの方に向き直ってから静かに閉めてから、正面を向き、軽い挨拶をいたします。ドアを閉める時に相手に背を向けないようにと体をひねってドアを後ろ手で閉める必要はありません。玄関で軽い挨拶* お祝い事などに招待された場合は  「本日はお招きをいただきありがとうございます」* 久しぶりに訪問した場合は  「ごぶさたをしております」* 急用で訪問した場合は  「お忙しいところをお...

 
 

和室に通されたら、立っての挨拶は見下ろすことになり大変失礼なことになります。まず、入り口近くの下座に座りますがさぶとんがあっても畳の上に座ります。相手から座布団をおあてくださいと言われてから座りますがその時に座布団の上に両手をつき、後ろから両膝をのせ、膝から座布団の中央あたりまでにじり寄っていきます。そして、座布団の中央で座り、正座をします。手土産は近くにおいておきます。訪問先の主人が入ってこられ...

 
 

自分で部屋に入るときは必ずノックをしてからドアを開けます。部屋に入り、指示がない場合は入り口に近い下座のイスの近くに立って相手を待ちます。いろいろな椅子がある場合には格下のアームレスチェアやスツールの近くに立ちます。洋室では上座・下座だけではなく、椅子にもランクがありますので注意しましょう。席次は出入り口から遠い席が上座ですがそのほかにマントルピースや飾棚のあるほうが上座となります。応接セットの場...

 
 

「コーヒーとお茶、どちらがよろしいですか?」と聞かれた時、「どちらでもかまいません」というのは相手を困らせることになるのでこういう場合ははっきりと自分の好みを伝えましょう。「コーヒーでいいです」より、「コーヒーをお願いします」と希望をはっきり伝えます。用件があって訪問した場合でもまずはコーヒーやお茶などをいただき、簡単な会話をしてから切り出します。☆トイレを拝借したい場合なるべく借りずにすませるの...

 
 

会話が途切れた時やお茶のおかわりをすすめられた時においとまを切り出すとスムーズに運びます。必ず訪問者側からおいとまを切り出します。帰るときは和室でしたら、ざぶとんの下座側の畳に正坐、洋室の場合は椅子の横に立っておいとまの挨拶を致します。「今日はお忙しいところをありがとうございました」などの感謝の気持ちを伝えます。玄関でも軽い挨拶「お邪魔しました」など。スリッパを脱いで靴に履き替えたら、中腰になり、...